禅〜凛と生きる〜|曹洞宗近畿管区教化センター

精進料理

調理のこころ

日本人の食事の文化には、禅の精神が数多く受け継がれています。
中でも、食事を作る時には、季節に応じた折々の食材を大切に扱い、調理に工夫を加え、真心こめて作ること。
これは人々が気持ち良く美味しく食べられ、身も心もが安楽になるための仏さまの教えからきているのです。

調理をする心がまえとして、道元禅師は、「喜心・老心・大心」の「三心」で行ないなさいと教えられています。「喜心」とは、他人のために喜びの心で調理すること。「老心」とは、父母の心。つまり親がわが子を思う気持ちで調理すること。「大心」とは、心を山のごとくどっしりと、また大海のように広々とさせ、一方に片寄ったりしない心で調理すること。

このように精進料理を作る際は、食材をムダにしない。飽きのこないよう調理を工夫する。そして、食事をいただく人のために、心を尽くすことを何より大切にしています。

道元禅師の教え

Copyright©2002-2020 SOTO-KINKI. All Rights Reserved.