禅〜凛と生きる〜|曹洞宗近畿管区教化センター

写経のすすめ

写経のすすめ

近年、テレビや書籍でも写経がとりあげられることが多くなり、ふたたび写経が見直されています。ここではご家庭でも写経にとりくんでいただけるよう、一般的な写経の作法をまとめました。

また、筆のほか、えんぴつで書き写すことのできる「修証義」の手本をダウンロードしていただけます。ぜひ、こころ静かにお経に向かい合う贅沢な時間をお過ごしください。

写経とは

写経とは読んで字の如く「お経を写す」、すなわち書写することです。

写経は私達の祖先から受け継がれてきた浄行として、現在も多くの人々によって根強く信奉されています。昨今、あらためて仏教を学び、その教えにふれる方が増えており、その中ではじめて写経にとりくまれる方も多いようです。

わが国での写経は、天武天皇が白鳳2年(673年)一切経を川原寺で写さしめたのが始めといわれ、その後、聖武天皇のころ、 多くの写経所を設け、写経司を任命し、これら専門のものが書写して収蔵し、また、諸国の国分寺等に配布されました。

それが、おそらく平安時代ごろから、修行のためや、また、病気平癒、罪業消滅、先祖供養など祈りやねがいを目的にした個人的写経が始められたようです。

写経には長い歴史があり、多くの人の信仰生活に、心のやすらぎを与える糧となってきました。それは身と心を整えて行うこの写経の心が、そのまま仏の心に通うからにほかならないのです。

現代に生きる私たちは写経によって、静かに落ち着いた時間を大切にすると共に、祈りやねがいを生活の中に活かしてゆく一つの証としたいものであります。 写し得たことにより、満ち足りる心、精神的なうるおいが、今日を生き抜く大きな力となるはずです。

『般若心経』は、初心の方にはもっとも適当ですので書写をおすすめいたします。

般若心経
Copyright©2002-2020 SOTO-KINKI. All Rights Reserved.