禅〜凛と生きる〜|曹洞宗近畿管区教化センター

精進料理

精進料理レシピ

けんちん汁

けんちん汁は冷蔵庫や台所にある野菜をふんだんに使い、食材を無駄なく栄養を豊富に摂ることができます。小芋などを入れてもおいしいですよ。
  • 調理時間約30分

材料(約4人分)

●精進だし
昆布
15cm程度
干し椎茸
2個
800cc
●けんちん汁
ゴボウ
1/3本
カブ
1個(又は大根1/4)
人参
1/3本
もめん豆腐
1/2丁(200g)
絹さや
8本
醤油(濃口)、ゴマ油
各大さじ2
塩、昆布茶
各小さじ1
適量

作り方

【1】昆布と椎茸で「精進だし」をひく
  1. 昆布に切り目を入れ、椎茸と共に8時間ほど水に浸しておく。
  2. その鍋を火にかけ、昆布から気泡が出てきたら火を止め、濾す。
【2】具材の下ごしらえ
  1. ささがきにしたゴボウをを酢水にさらし、ザルにあげ水気を切る。
  2. カブは少し葉を残し、4〜5mmにカット。人参は3mm幅のイチョウ切りに。
  3. 「精進だし」に使った椎茸の石づきを取り、笠を四つ切りに。
  4. 豆腐は一口大に崩し、1〜2分茹でてザルにあげる。(手かスプーンを使うと味がしみ込みやすく、食感も良い)
  5. 絹さやは筋を取って塩茹でし、斜め半分に切る。(カブの葉で代用可)
【3】調理スタート
  1. 鍋にゴマ油をなじませ、ゴボウ、人参、椎茸、カブ、豆腐の順に炒める。
  2. 精進だしを加え、アクを取りながら煮る。
  3. 具材が煮えたら、塩・醤油で調理。隠し味に昆布茶を入れる。
  4. 絹さやを添え、出来上がり。
    ※香りづけにゴマ油をたらし、七味唐辛子をふってもOKです。
Copyright©2002-2020 SOTO-KINKI. All Rights Reserved.