禅〜凛と生きる〜|曹洞宗近畿管区教化センター

精進料理

精進料理レシピ

なんきんそぼろ

βカロテンやビタミンEなどを豊富にふくみ、栄養バランス優れている南瓜(かぼちゃ)。
そんな元気素材、南瓜に高野豆腐でつくったそぼろあんをかけてひと工夫。
冷温どちらも美味しくいただけます。
  • 調理時間30分

材料(4人分)

南瓜
1/2個
高野豆腐
3枚
昆布
1かけ
みりん
100cc
砂糖
適量
少々
薄口醤油
適量
濃口醤油
適量
片栗粉
少々
かいわれ
適量

作り方

【1】下ごしらえ
  1. 高野豆腐を水で戻し、手のひらで包むようにして水を絞ります。
  2. 南瓜を均等な大きさに切ります。内ワタは残しておいてもかまいませんが、汁がにごってしまいます。
  3. 高野豆腐をみじん切りにします。
    ある程度の大きさに切ってフードプロセッサーにかけます。一粒の大きさが3〜5mm角くらいになったら止めます。
    ※包丁で細かく切ってもOK
    Point!
    細かくしすぎると、あんがドロドロになってしまいます。
【2】ダシとあんづくり
  1. 鍋に水を入れ、昆布をひたして火にかけ、沸騰する前に昆布を引きます。
    ・南瓜用ダシ(1000cc)
    ・あん用ダシ(600cc)
    に分けます。
  2. あん用のダシに、そぼろをにした高野豆腐を入れます。
  3. ダシが沸騰したら、薄口醤油で味をつけます。お好みで、砂糖を少しいれてもOK。
  4. 高野豆腐全体にダシがしみこんできたら、火を止め水溶き片栗粉でとろみをつけます。
【3】南瓜を煮る
  1. 南瓜用のダシにみりんを加え、強火で酒をとばします。
  2. 砂糖を入れて甘みをつけ、濃口醤油を注ぎます(玉じゃくしでダシをすくい上げて、色合いを確かめる)。
    ※味の目安は、みたらし団子のあんより少しうすいくらいです。
  3. 塩で味をととのえます。
  4. 南瓜を静かに入れてごく弱火にします。
    Point!
    沸騰させると南瓜が煮崩れしてしまいますので、沸騰するかしないかぐらいの温度でじっくりと煮ていきます。
    ※落としぶたをする場合は、キッチンペーパーなどの軽いものの方がいいでしょう。
  5. 煮えてきたら、つまようじなどで硬さを確認し、抵抗無く皮まで通ったら火を止めます。
  6. すぐに鍋を水などで冷ますか、ボウルなどに移して粗熱を取ります。暑いままだと南瓜がさらに煮えてしまい、煮崩れを起こします。
【4】できあがり
器に南瓜を盛り付け、しばらく冷まして味をしみこませてから、あんをかけて完成です。
Copyright©2002-2020 SOTO-KINKI. All Rights Reserved.