禅〜凛と生きる〜|曹洞宗近畿管区教化センター

精進料理

精進料理レシピ

麻婆豆腐

味付けをひかえめにして、素材の味をしっかりと味わえるようにするのがポイントです。
今回は、旬の「竹の子」を具材のメインとして、滋味あふれる仕上がりとなっています。
  • 調理時間約20分

材料

絹豆腐
1丁
木綿豆腐
1丁
セロリ
1束
豆豉(大徳寺納豆)
※なければ赤味噌
大さじ1
鷹の爪
1〜2本
粉山椒
小さじ1
サラダ油
大さじ3
ごま油
大さじ1
濃口醤油
適量
片栗粉
適量

作り方

【1】木綿豆腐をそぼろ状にする
  1. 鍋に木綿豆腐を入れ、手で細かくつぶします。
    (水気は切らなくても結構です。)
  2. 鍋を中火にかけ、箸で軽くかき混ぜながら水分を飛ばします。
    途中で濃口醤油を少し混ぜて下味をつけます。
  3. そぼろ状になり、底に水分がたまらなくなったら火を止めます。
【2】材料を切る
  1. セロリをみじん切りにします。
    メモ
    セロリを使うことで精進料理に新たな世界が広がります。
  2. 絹豆腐を一口大に切っておきます。
  3. 鷹の爪をはさみで輪切りにします。
    (種は気になるようなら抜いてもかまいません。)
【3】鷹の爪と豆豉を炒める
  1. 中華鍋を熱します。強火で黒煙が軽く上がるまで熱してからサラダ油を引き、鍋によくなじませます。
    Point!
    油はサラサラになるまで熱してください。
  2. 中火にして、鷹の爪と豆豉をじっくりと炒めます。
    ※鷹の爪から刺激の強い煙が出ますので、吸い込まないように注意してください。
【4】残りの材料を炒める
  1. 強火にし、そぼろ状にした木綿豆腐を加えて炒めます。
    鍋を手早く返しながら炒め、油とよくなじませます。
  2. 全体が均一になったら、セロリを混ぜてさらに炒めます。
    セロリが半透明になるまでしっかりと炒めましょう。
  3. 炒め終わったところへ、ひたひたになるぐらいの水を入れて沸騰させます。
【5】絹豆腐を入れ、味付けする
  1. 沸騰したら、絹豆腐を鍋の中央にそっと入れます。
    Point
    この時、鍋も中身も、なるべくかき混ぜたりゆすったりしないように。
    絹豆腐の形をくずさないのがポイントです。
  2. 絹豆腐に火が通ったら、濃口醤油で味をつけます。
    Point
    とろみをつけるので、やや薄めに味をつけておくと、ちょうどよくなります。
【6】とろみをつけて、完成
  1. 味がついたら水溶き片栗粉を回し入れます。
    ここで初めて大きく数回、全体を混ぜます。
    火を止めて、ごま油を混ぜて香りをつけます。
    Point
    混ぜすぎないことが大切です。
  2. 皿に盛って、表面にまんべんなく粉山椒を振ります。
    メモ
    麻婆の麻は、麻痺の「麻」=しびれる=山椒のことを指しています。
Copyright©2002-2020 SOTO-KINKI. All Rights Reserved.