禅〜凛と生きる〜|曹洞宗近畿管区教化センター

精進料理

精進料理レシピ

やわらか豆腐の茶碗蒸し

豆乳とにがりで手づくりした豆腐を茶碗蒸しにし、あんをかけていただく贅沢な一品です。
蒸したてのアツアツでも、ひんやり冷やしてもおいしく食べられ、季節を選びません。
いつも食べている豆腐とはまた違ったやわらかな食感と、精進だしのやさしいあんが身体にしみわたります。
  • 調理時間30分
  • 難易度★★
  • エネルギー79kcal(1人分)
たんぱく質 4.9g
脂質 2.2g
食物繊維 1.6g
塩分 0.5g

材料(4人分)

豆乳(無調製豆乳)
400cc
にがり
24cc
昆布
1片
椎茸
1個
舞茸
半房
人参
1/3本
もみじ麩(桜麩)
1/3本
生姜
一かけ
みりん
大さじ3
薄口醤油
適量
適量
片栗粉
適量

作り方

【1】豆乳とにがりをよく混ぜる
  1. ボウルに豆乳(無調整豆乳。調整豆乳では固まらないので注意)を入れ、にがりを入れてよくかき混ぜる。
    ※にがりによって入れる量が違うので確認してください。
    Point!
    泡立てると固まるときに気泡ができてしまうので、そっとかき混ぜること。
【2】具を用意する
  1. 椎茸は包丁を斜めにし、半分に切ったあと、もう一度同じように半分に切る。
  2. 人参は皮をむいて半月切りで1mmほどの薄さにして、さっと塩茹でする。
  3. 塩茹でした人参は、水でよく冷まし、水につけておく。(濡らしたキッチンペーパーにのせておいてもOK)
  4. もみじ麩(桜麩)は切る30分ほど前に自然解凍しておき、5mmほどに切る。(まな板と包丁を水で濡らしておく)
    切ったら水を入れたボウルにつけておく。
  5. 舞茸を小さく裂く。
【3】豆乳を蒸す
  1. 器の底に舞茸を2枚敷き、1(豆乳とにがり)を6〜8分目まで注ぎ入れる。(あとで具材とあんを入れるので少なめに)
  2. 器にフタをし、蒸し器で蒸す。鍋を閉じて強火で10分間。その後、中火で5分間加熱する。
【4】あんを作る
  1. 鍋に水カップ2(400cc弱)、昆布を入れて火にかける。
  2. 沸騰したら昆布を取り除く。舞茸と、みりん(大さじ3杯程度)を入れて軽く煮立たせて酒を飛ばし、醤油、塩でやや濃い目に味をつける。
  3. 水溶き片栗粉でとじ、火を止める。
【5】具を盛りつけ、あんをかける
  1. 3が蒸しあがったら、人参、舞茸、もみじ麩(桜麩)を豆腐の上に盛り付ける。
  2. おろし生姜を山にしてのせ、生姜を崩さないようにあんをかけて完成。
Copyright©2002-2020 SOTO-KINKI. All Rights Reserved.