禅〜凛と生きる〜|曹洞宗近畿管区教化センター

仏事ここが知りたい

教えと心得

正しい数珠(じゅず)の使い方は?

数珠のかけ方は、ふつうは左手の四指にかけて合掌します。経本を手に持っている場合は左手の手首にかけておきます。どちらも房を下にしてかけてください。一環で長いものは二環にしてかけます。玉が108個の本連は大きく重くなります。そこで一般の人向けに、「半連」と呼ばれる54個のもの、さらにその半分の27個の、「四半連」などが多くなってきました。ほかにも、21個、18個のものなど最近ではさまざまな玉数のものがあります。

なお、数珠を手に持つときは、房を下にし、左手で持つのが基本です。ご葬儀や法事のときにあわてて人から借りることもあるようですが、数珠は毎日のおつとめでも使う大切な法具です。できれば自分専用のものを持っておきたいですね。

数珠を求めるときは、曹洞宗のものを指定されるとよいでしょう。

正しい数珠の使い方
Copyright©2002-2020 SOTO-KINKI. All Rights Reserved.